足のむくみの原因 〜簡単な解消法〜

sponsored link

足のむくみの原因 〜簡単な解消法〜

むくみの種類

 

むくみは、医学的に「浮腫(ふしゅ)」といいます。

 

一言に「むくみ」と言っても、リンパ浮腫、心臓性浮腫、腎性浮腫など種類がたくさんあります。

 

しかし多くのむくみは、一過性で、特に女性に多くみられます。まずは誰にでも起こりうる、

 

一般的なむくみから説明しようと思います。


むくみとは?

 

「身体がむくむ」というのは、体内の水分調整が上手くいかず、滞っている状態の事をいいます。

 

一過性の場合は、不快感がありますが、痛みなどは伴いません。

 

「朝にむくみがひどい」「夕方になると足がむくんで靴が入らなくなる」など、

 

ご自身で「時間が限定している」場合は、多くは一過性です。起床後1〜2時間でむくみが軽減してくれば、

 

病性のむくみの心配はないでしょう。夕方頃に少しむくみが起こるのは、特に心配はありません。

 

むくみを起こしやすい状態・職業

 

1.デスクワーク

 

多くの女性が体感している事と思います。

 

デスクワークでは、では、上半身はよく使うものの、下半身はほとんど動かさない為に椅子が腿を圧迫し

 

足先に流れた水分が、戻りづらい状態になっているため、主に膝から下に浮腫がおきます。

 

2.立ち仕事

 

むくみの原因で、特に足のむくみにおいては、「筋肉があまり収縮していない」為です。

 

立ち仕事では、デスクワーク同様、筋肉の収縮は非常に少なくまた、

 

長時間労働では筋疲労により筋の収縮が起こりにくく、次いで重力の影響により下方に溜まった水分を

 

上手く循環できないことが原因で起こります。

 

※本来、足先に溜まった水分を心臓に戻す為には、足の筋肉の収縮が必要不可欠です。

 

上記にも示したように、長時間同じ姿勢をとり続けると、筋肉の収縮が起こらず、

 

加えて重力の力により心臓に戻りづらくなります。従って上記の職業では、足がむくみやすい状態

 

となってしまいます。

 

簡単なむくみのチェック方法

 

・靴下の跡がくっきりついている

 

・むくみの多い箇所を指で強く10秒ほど押す。10秒後話した際、指の跡が残るようなら、

 

むくみがおきています。

 

解消法

 

1.むくみに良い食べ物

 

カリウムが多く含まれている食品

 

カリウムには利尿作用と、筋の働きをよくする効果があります。

 

これらの食品を摂取することにより、筋の収縮の収縮を助け、余分な水分の排出を促し浮腫を軽減を助けます。

 

食品(含有量):アサリ・パセリ(1000mg)、よもぎ(860mg)、アボガド(720mg)、ほうれん草(690mmg),

 

きなこ(1900mg),煮干し(1200mg)、スルメ(1100mg)

 

その他、タンパク質が極端に不足してもむくみが起こりやすくなります。浮腫を軽減させる代表的な栄養素はカリウムですが、

 

普段から栄養バランスの良い食事をとることが重要なのは、むくみ軽減においても同様です。

 

2.運動について

 

前述したように、むくみ軽減においては、筋肉の収縮が不可欠です。筋肉が収縮することによって、

 

これがポンプの役割を果たし、重力に勝って体内の水を循環させます。

 

そのため、上記にあげたような職業の方や、また何か作業をする際に、長時間同じ姿勢をとり続けなければならない

 

環境下にある場合は、軽い運動をおすすめします。

 

3.ストレッチ

 

筋肉を円滑に収縮させる為にはストレッチが必要です。運動が好きでない方、運動経験が乏しい方は、

 

まずストレッチから行いましょう。ストレッチは凝り固まった筋肉のほぐし、円滑に収縮するのを助けます。

 

踵の上げ下げ。つま先の上げ下げ

 

座ったままでも行えます。立って行う場合は、上半身が前後左右に動かないよう、しっかり固定した状態で行います。

 

4.足首まわし

 

これも座った状態・たった状態でも行えます。

 

バランス能力に自身のない方は、座って行う方法をおすすめします。

 

方法は単純で、準備体操などでよく行っていたように、ただ内側回りと外回りで足首をまわします。

 

危険なむくみ

 

前述した通り、むくみにはいろいろな種類があります。

 

特にむくみと関係するのは、心臓・肝臓・腎臓などです。薬によってもむくみは起こりますので、

 

一過性の場合は問題ありませんが、姿勢によってむくむ場所が変わったり、姿勢に関係なくむくんでいる、

 

もしくは毎回同じ場所がむくむといった場合は、病気の可能性がありますので、

 

「普段からむくんでいるからおそらく大丈夫だろう」と思わずに、むくみにおいて少しでも違和感を感じた際は

 

病院に行くことをおすすめします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

sponsored link

sponsored link


関連のある記事

足のむくみの原因 〜簡単な解消法〜

むくみの種類むくみは、医学的に「浮腫(ふしゅ)」といいます。一言に「むくみ」と言っても、リンパ浮腫、心臓性浮腫、腎性浮腫など種類がたくさんあります。しかし多くのむくみは、一過性で、特に女性に多くみられます。まずは誰にでも起こりうる、一般的なむくみから説明しようと思います。

≫続きを読む

胃もたれと下痢の症状〜あなたは過敏性腸症候群を知ってますか?〜

下痢や胃もたれが起きると、何か変なものを食べたかな?冷たい物の食べ過ぎで胃腸が弱っているのかなと思う人は多いかもしれません。実は下痢や胃もたれの症状が繰り返し起きる慢性的な症状には、病気が隠れている可能性高いのです。この症状はなぜ起こり、どうやったら症状を改善する事が出来るのでしょうか。

≫続きを読む

うつ病 改善方法 〜早期治療が大切〜

うつ病についての理解うつ病の改善法を考えるには、うつ病がどんな病気かを知る事が大切です。うつ病は、よく心の風邪と言うふうに例えられています。近年、新型うつと呼ばれる症状も確認されて、その症状がまわりの人には理解されにくく、甘えではないかとの誤解を受ける事も多いようです。風邪なら熱が出たり切り傷なら出...

≫続きを読む

貧血気味のあなたへ。 〜貧血改善メニュー〜

唇が白いとよく言われる・・・少し動くと息切れがしますし、お腹のすいた状態で激しい運動や考え事をするとグラリとめまいがおきます。それは貧血症状です。ただの貧血も悪化することによって症状が重くなり、重病に至る可能性があるのです。貧血は食事によって改善されるのです。健康のために「貧血に良い食べ物」を知って...

≫続きを読む

摂取障害 〜克服 改善方法〜

過激なダイエット女性が過激なダイエットをすると拒食症と過食症を繰り返すようになります。この、食べ過ぎること、食べないことを摂食障害と呼びます。。どうして、食べることを止められなくなったり、食べることが恐怖になって食べられなくなったりするんでしょうか?普通はいくら食べても「おなかいっぱいだ〜」と食べる...

≫続きを読む

冷え性 改善方法 〜体の中から温めよう〜

あなたは、冷え性ですか?寒がりと冷え性は全く違うもので、体に支障がでるのが冷え性です。その症状は頭、関節、排便、または顔色など体全体にあらわれます。それに冷え性は、病気につながってしまうので日頃の冷え性改善策が必要なのです。冷え性とは?一般的に冷え性とは「下半身が冷えて、体に支障が出るほど冷えやすい...

≫続きを読む

あなたも気を付けて! うつ病 なりやすい性格とは?

誰もがうつ病になりやすい「いままで一度も欠勤無しで有給をとったこともないAさんがうつ病で長期休みをとるそうよ!」「休む前に相談してくれれば私たちにだってできることがあったのに・・・。」「いつも明るい人だったからうつ病になんてみえなかった・・・。」これは、私が務めていた会社で実際に話していた方々のお話...

≫続きを読む