皮下脂肪 内臓脂肪を落とす方法と2種類の脂肪の違いとは?

sponsored link

皮下脂肪 内臓脂肪を落とす方法と2種類の脂肪の違いとは?

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があり、下半身太りの洋ナシのような体型の人は、

 

皮下脂肪がたまっている人が多く、内臓脂肪は内臓の周囲につく脂肪です。

 

やみくもにダイエットをしても、なかなか落ちないこの皮下脂肪と内臓脂肪を落とす方法を教えましょう。

 

 

・皮下脂肪とは?

 

皮膚の下に脂肪がついた状態で、この皮下脂肪は、脂肪の中でも消費しにくく、

 

最も減らしにくいと言われている厄介なものです。

 

皮下脂肪は、消費されなかったエネルギーが徐々に溜まってできた脂肪です。

 

皮下脂肪がついてしまう原因は、単純に、エネルギーの消費に対してカロリーを摂りすぎることです。

 

エネルギーを貯蓄しているからこそ脂肪になるので、蓄積させなければいいのです。

 

この皮下脂肪は、女性の方がつきやすいとされています。


皮下脂肪とは?

皮膚の下に脂肪がついた状態で、この皮下脂肪は、脂肪の中でも消費しにくく、

 

最も減らしにくいと言われている厄介なものです。

 

皮下脂肪は、消費されなかったエネルギーが徐々に溜まってできた脂肪です。

 

皮下脂肪がついてしまう原因は、単純に、エネルギーの消費に対してカロリーを摂りすぎることです。

 

エネルギーを貯蓄しているからこそ脂肪になるので、蓄積させなければいいのです。

 

この皮下脂肪は、女性の方がつきやすいとされています。

 

では、皮下脂肪はどうやったら落ちるのでしょうか?

 

人の体は、体を動かすエネルギーが足りなくなると、溜まった皮下脂肪からエネルギーを貰う仕組みになっています。

 

皮下脂肪を消費させるには、エネルギーが足りない状態にしておく必要があります。

 

エネルギーを足りない状態にするには、食事制限を行いますが

 

食事の制限だけではしっかり脂肪を燃焼してくれないので

 

運動をすることで、もっとたくさん脂肪を燃焼させる必要があります。

 

この運動には、有酸素運動が適しています。

 

脂肪を燃焼させるには、たくさんエネルギーを消費するのが効果的なので、激しい運動を短時間するよりも

 

長い時間をかけて運動する方が効果があります。また、筋トレをすることで、成長ホルモンが分泌されます。

 

この成長ホルモンが脂肪を分解して燃焼しやすい状態にしてくれるので、合わせてやるとより効果がアップします。

 

 

内臓脂肪とは?

 

臓器の周囲や腸間膜などの腹膜の表面につく脂肪です。

 

食べ過ぎや高脂肪などカロリーの摂り過ぎが原因とされています。

 

この内臓脂肪は男性に多いのが特徴で、見た目は痩せて見えるのに、

 

内臓にべったり脂肪がついてフォアグラのようになっていることから、隠れ肥満とも言われています。

 

内臓脂肪は、落ちやすい脂肪なので、毎日の食事と運動で簡単に落とすことができますが、

 

お腹まわりは脂肪がつきやすいので、食事の見直しをすることが大切です。

 

内臓脂肪は皮下脂肪に比べると、生活習慣の影響を受けやすく、糖尿病や高血圧、

 

高脂血症を引き起こす要因になってしまうので注意する必要があります。

 

 

内臓脂肪を落とす方法は?

 

何といっても食事の見直しです。

 

お酒を毎日飲む人は、飲む量を減らすか休肝日を作るだけでも内臓脂肪が減らせます。

 

脂っこい食事が多い人は、焼肉や揚げ物の摂取量を減らすか、

 

脂を吸収させずに流す脂肪をつきにくくするお茶を飲むと効果的です。

 

食事の内容や量を見直して、1日3食きちんとバランスよく食べて、

 

野菜中心にするとより内臓脂肪のつきにくい体になります。

 

食事の回数を減らすと、次の食事でエネルギーを溜めこもうとして余計なカロリーまで蓄えてしまうので、

 

食事の回数は減らさないようにします。

 

ついてしまった内臓脂肪を落とすには、運動も合わせて行います。

 

有酸素運動のウォーキングが一番効果が期待できます。

 

ウォーキングを30分〜1時間を目安に毎日行う事で、適度に筋肉がついて、

 

新陳代謝が良くなって効率的に内臓脂肪が減らせます。

 

ただ、だらだら歩いても効果がないので

 

普段よりも速いペースで歩くと心拍数が上昇して脂肪を燃焼しやすくなります。

 

皮下脂肪を落とすには、長期的に継続して運動を行う必要があります。

 

内臓脂肪は、食事制限で内臓脂肪を溜めないようにして運動を行うようにしましょう。

 

どちらも、有酸素運動を取り入れながら食べた分だけしっかりエネルギーを消費しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

sponsored link

sponsored link