水を飲むことで健康を手に入れよう!〜1日に必要な摂取量は?〜

sponsored link

水を飲むことで健康を手に入れよう!〜1日に必要な摂取量は?〜

身体の水分量は個人差もありますが約60%から成っていると言われています。

 

人は数日間何も食べなくても死に至ることは少ないですが、

 

水分不足で大変危険な状態になることがあります。


水分が失われるとどうなるか?

 

水分が失われるとどうなるかを、脱水症状の流れで説明したいと思います。

 

以下体重減少で重症度を分けていますが、これは、体内の水分の減少は、大樹減少を起こすからです。

 

軽度:体重の3〜5%程度:のどの渇き、食欲減退

 

中等度:体重の5〜10%の体重減少

 

脱水/脱力感や倦怠感・眠気・頭痛・頻脈・尿量低下・食欲低下

 

血圧・各臓器への血流低下・心臓・腎臓・呼吸不全等

 

重度:体重の10%以上の体重減少

 

身体動揺・痙攣・目のかすみ・難聴・舌の縮小・皮膚の乾燥

 

上記をご覧になって分かっていただける通り、

 

当然のことながら、体内の水分が減れば減るほど、重篤な症状となります。

 

特に注意してみていただきたいのは、軽症の「のどの乾き」です。つまり、日常生活で「喉が渇いた」

 

と気がついた時点で、もう脱水が始まっているということです。

 

水分が失われやすい状況

 

真夏:気温により、短時間で大量の汗による体内水分減少

 

その他:日常生活

 

人は、尿・大便・呼吸・皮膚からの蒸発などで、約2.5?は失われています。

 

水分が失われやすいというよりは、毎日この程度は失っています。

 

一日に必要な水の量と摂取方法

 

1.一日に必要な水分量

 

前述したように、脱水症状の程度を「体重における水分の減少量」で決まっています。

 

つまり、一日に必要な水分量は、「体重に依存」するため、人によって違います。

 

テレビなどの情報は、「平均的な値」を使わざるを得ないので、あなたに合っていない可能性があります。

 

1日に必要な水分量は、体重の約4%です。

 

計算式は単純に

 

ご自身の体重 ×  4%   です。

 

2.摂取方法

 

あらゆるメディアからの情報、専門家や友人や家族からの情報により、「水分摂取は大事」と意識せずとも

 

気をつけるのが、真夏です。しかしながら、多忙を極める現代人は、「水分をとる暇もない」

 

というかたも少なからずいらっしゃると思います。

 

そんな時、多くの方は「一気に大量に飲む」という方法で水分補給をする方も多いと思います。

 

おそらく多くの方が一度に多量の水を飲むと、動くたびに胃の中の大量の水分が「ちゃぷちゃぷ」

 

としているのを感じると思います。水分は胃から少しずつ腸に流され、腸で吸収される為、

 

一度にたくさんの水分をとると、胃に多量の水分が溜まったままの状態が続き、胃液を薄め、

 

消化機能を低下させます。つまり、水分をとる際は、

 

「喉が渇いた」と感じる前にこまめにとることが大切です。

 

3.水分とは

 

コーヒー・紅茶・清涼飲料水・ビールなど「液体」だったらなんでもいいわけではありません。

 

紅茶・コーヒーもカフェインにより体内の水分排出を促進することがあるため

 

「水分補給」という意味では不向きです。

 

つまり、日常生活で、特に健康を損なっていない場合は、ミネラルウォーターが良いかと思います。

 

水は人の生活にとって必要不可欠です。ただ、水分をとらなかったそれだけで、日常生活に支障をきたし、

 

楽しい計画や嬉しい出来事が人生から減ってしまうのはとてももったいないです。

 

「健康に生活し、より良い人生を送る為に、まずは、「水分をとる」ということを心がけ

 

健康損なうことなく楽しい人生を送りましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

sponsored link

sponsored link


関連のある記事

女性らしい体を作る食べ物とは?〜男性に好まれる体系〜

男性が求める女性らしい体というのは、どういう体でしょうか?男性の希望は普通体型でやや胸が大きい、のが良いそうです。細身はそんなに人気が無いようですね。女性は雑誌のモデルを参考にダイエットしがちですが、体型に女性らしさを求めるのであれば、ダイエットは少し控えたほうが良いかもしれません。女性らしく見える...

≫続きを読む

時間に追われるストレスは感じていませんか? 美しさ低下の原因とは?

あなたは日々、時間に追われた生活をしていませんか?仕事、子育て、家事などなどいろんなことに追われていると気づいたら自分の時間なんて全くない!どうしてこんなに時間が無いんだろう…そう思った瞬間、人はとてもストレスを感じます。それを「時間ストレス」と呼びます。日々、バタバタと忙しくしているとお肌の手入れ...

≫続きを読む

下半身の冷え 〜女性に多い原因と解消法〜

冷え性は女性に多く、ひとえに冷え性と言っても色んなタイプがあります。手や足先が冷たくなるタイプと、下半身だけが冷えるタイプと内臓が冷えるタイプに分かれます。今回は、下半身の冷えについて、なぜ下半身だけが異常に冷えるのかその原因と対策について見て行きましょう。

≫続きを読む

たんぱく質不足は危険?たんぱく質不足で体に起こる影響とは?

肉を食べたら太りやすいなどの無理な食事制限でのダイエットや食生活の乱れからタンパク質を摂取しない事で体に様々な悪影響を及ぼしている事をあなたは知っていますか?!タンパク質は、体にとって、とても重要な栄養素なのです。知らないと怖いタンパク質不足で起こる影響についてお教えしましょう。

≫続きを読む

皮下脂肪 内臓脂肪を落とす方法と2種類の脂肪の違いとは?

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があり、下半身太りの洋ナシのような体型の人は、皮下脂肪がたまっている人が多く、内臓脂肪は内臓の周囲につく脂肪です。やみくもにダイエットをしても、なかなか落ちないこの皮下脂肪と内臓脂肪を落とす方法を教えましょう。・皮下脂肪とは?皮膚の下に脂肪がついた状態で、この皮下脂肪は、脂...

≫続きを読む

体のだるさは危険信号!フェリチン不足によって起きる症状と4つの予防法

フェリチンというものを、ご存知ですか?あまり、聞いたことが無い最近、TVなどで聞く機会があるかもなんとなく知ってるなど思われると思います。その、なんとなくしかまだ知られていない「フェリチン」。実は、物凄く重要なものなのです!フェリチンとは、簡単に言うと血液中に含まれるたんぱく質の一つで体内に蓄えられ...

≫続きを読む

短期間 ダイエット方法 〜早く結果を出したい人へ〜

長期のダイエットは続かないので短期間で勝負したい。どうしても緊急に痩せなければいけないなど、短期間で確実に痩せたいと思った時に、即効性のあるダイエット方法を教えましょう。短期間でダイエットをする場合、運動だけで痩せるのは困難です。最もカロリーを消費するジョギングが1時間走って500〜600Kcalほ...

≫続きを読む

腸内環境を整えてすっきりリセット!〜自分で出来る10個のセルフチェックと食事法〜

腸内環境のケア、皆様行ってますか?体内にある腸をどうやってケアするの?と疑問を抱かれる方も多いと思います。実は、腸内というのはとてもデリケートでなおかつ腸内環境は体内のあらゆるところに多大な影響を及ぼすものなのです!

≫続きを読む

あなたは大丈夫?女性ホルモンを減少させてしまう生活習慣

女性ホルモンとは?の質問に正確に答えられますか?特徴をきちんと理解しておかないと、知らぬ間に女性ホルモンを減少させてしまいますよ!女性ホルモンほど、デリケートなホルモンはありません!女性ホルモンという名前だけあって、女性には必須のホルモンです。肌をつやつやにしてくれたり、女性のようなふくよかな身体に...

≫続きを読む

薄毛にならない対策を! 〜髪の毛に優しい食生活〜

規則正しい食生活をしていれば、ほとんど健康の問題が出ない方が多いと思いますが、ある程度生活を整えていくと細かなところが気になり始めます。たとえば、髪とか。(大きいところでしたらすみません…)女性にとってはハリツヤ、ボリュームのあるなしで印象が大分違いますし、男性はナイーブなところではないでしょうか。...

≫続きを読む

筋トレするとハゲるいう噂の真実は? 〜薄毛の原因とは?〜

いつまでも健康で、若々しくカッコいいと言われたくて、筋トレ励んでいる男性が増えています。最近は、CMでもメタボの人が「2か月でこの体」と見事に引き締まった体を披露していますよね。筋トレを頑張りたいけど、筋トレをし過ぎるとハゲるという噂を耳にして、躊躇している人もいるのではないでしょうか?!

≫続きを読む

血流を良くしよう!血液をサラサラにする食べ物 飲み物 運動とは?

血流が悪くなると、肩こりや頭痛冷え性やむくみ、胃腸の働きの低下などさまざまな体調不良を引き起こします。肌や頭皮にも影響を与えます。血栓や動脈硬化の原因にもなります。また、血流改善はダイエットにも効果的。きちんと予防しましょう。それでは、血流を良くするためにはどうしたら良いのでしょうか?血流改善に効果...

≫続きを読む

胃を少し休める 〜1日デトックス 断食の正しいやり方〜

「断食」というと以前は修行のようなイメージがありましたが、最近よく聞くようになったファスティング(プチ断食)によるデトックス。酵素ドリンクなどもよく売られていますね。どのような効果が期待できるのでしょうか?ダイエット(脂肪燃焼)食事をしないことで、体はエネルギー不足になります。エネルギー(カロリー)...

≫続きを読む

若さを保つ秘訣〜年齢より若く見える人にある共通点とは?〜

若さを保つ秘訣若さとは?若さ=年齢というのが単純な見解です。誰がみても、自分より一世代、二世代下の人を若く思うのは当然です。何故でしょう?自分よりも肌の色が綺麗だったり、いろいろなことに挑戦できる体力と、精神力があり、それ故にとても輝いてみえる。当たり前のように身体の機能の全てが若いので、少しの無理...

≫続きを読む

水を飲むことで健康を手に入れよう!〜1日に必要な摂取量は?〜

身体の水分量は個人差もありますが約60%から成っていると言われています。人は数日間何も食べなくても死に至ることは少ないですが、水分不足で大変危険な状態になることがあります。

≫続きを読む

痩せたいけど、運動したくない人へ 痩せやすい体を作る3つのポイント

食べたいだけ食べて、太らない体だったらなぁと思いますよね。食べたら食べただけカロリーを消費できないとどんどん体に蓄積されてしまいます。妊娠中に食べて出産しても体重が戻らないけれど、骨盤が緩んでいるうちは激しい運動できないしなぁ、と悩む女性も少なくありませんよね。それに一番は、動かなくても痩せる方法が...

≫続きを読む

30代以降の人は必見!痩せやすい食べ方

ダイエットに悩む人は多いと思います。30代以降代謝が落ちてなかなか痩せにくい身体にもなります。代謝を上げて、痩せやすくする食生活やバランスの取れた食事について考えてみました。食事の質を上げる・調味料にこだわりましょう。精製された調味料は必要なミネラル分がなくなっていることもあります。逆に不要な添加物...

≫続きを読む

失敗しないダイエット 〜計画をしっかり立てよう〜

何故失敗するか?健康的に痩せる為には、「きちんと食べて運動」が基本になります。加えて、健康的に無理なく痩せる為には最低でも約2ヶ月必要です。ダイエットで一番大事なのは「期間」です。中には鉄の意思を貫いて、○ヶ月で10kg痩せたなどの話をききますが、そういった鉄の意思をもったダイエッターの話を鵜呑みに...

≫続きを読む

入浴後のマッサージ法 〜マッサージで美脚に!〜

販売などの一日中立ち仕事・・・ずーっと同じ姿勢座っているデスクワーク・・・つらいですよね。女性の方は、カカトの高い靴を履くためヒザも気をつけなければなりません。足がむくんで靴がきついし、次の日筋肉痛で動けないなんてこともありませんか?しかもむくむことによって足が太くなってしまうのです。

≫続きを読む

くびれを作ろう! 〜女性の美しいライン作り〜

「ボン!きゅ!ボン!」、一昔の言葉となりましたが男性が理想とする女性の体つきを現す言葉です。しかし、この言葉、正解なんです。B(バスト)W(ウエスト)H(ヒップ)の理想的な比率は、1:0.7:1なんです。言葉通りになりますよね。女性はウエストが○センチということばかり気にしますが、大切なのはいかに「...

≫続きを読む

ヨガが健康によい理由とは?〜ヨガを始めよう〜

ヨガが健康によい理由 ヨガに挑戦するためにコブラのポーズや、弓のポーズなど想像しやすく楽しそうなヨガですが、いまいちどんな効果があるのかわからない・・・効果がわからなければやる気が沸かないものですよね。今回は「ヨガが健康に良い理由」を女性目線で見ていきましょう。

≫続きを読む

食べないダイエット 痩せない理由健康的にキレイに痩せよう!

「食べてないのに全然痩せない...」こういった悩みをもつ方も多いはず。食べないダイエットを始めて最初の2〜3キロは痩せたりするかもしれません。しかし、それ以降は変化せず。一時的に痩せているように感じますが、それは根本的な解決にはなりません。痩せない理由の一つ、それは「栄養不足」

≫続きを読む